まぶたの痙攣(けいれん)のなぞ?と二重になる手術について

まぶたの痙攣(けいれん)のなぞ?と二重になる手術について
まぶたの痙攣(けいれん)なんで?二重になるためには手術?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://taku84098409.blog97.fc2.com/tb.php/6-fbc62102
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

まぶたの痙攣はなぜ起こる?【まぶたの痙攣(けいれん)・二重は化粧品で直せるのか?】


日経BPネットより
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/420/420201.html?from=rss

まぶたが勝手にピクピクしてしまう「眼瞼痙攣」
2006年01月12日
 夜遅くまでパソコン画面と向かい合って、残業が続く毎日。まばたきが多くなって目が開けにくい、なぜだか勝手に目がピクピクして止まらない、最初は疲れ目かなと思ったのだが、一向に改善の気配がない――、このような症状が気になっていませんか。


 これらは“眼瞼痙攣(がんけんけいれん)”といって、自分の意思に反して目の周りの筋肉が勝手に攣縮(れんしゅく)してしまう病気です。




 この病気が進行すると、強制的に目が閉じてしまい、全く見えなくなってしまうこともあります。今まではこれといった有効な治療法がなかったのですが、最近ではボツリヌス毒素による治療が効果を上げています。今回は“眼瞼痙攣”について解説したいと思います。



まぶたを開閉する筋肉(眼輪筋)に、本人の意思に関係なく力が入る病気であり、40歳代以降の女性に多く見られます。進行はゆるやかですが、放置しても自然に治ることはありません。はっきりとした原因はわかっていませんが、「大脳基底核」という脳の部分の機能異常が指摘されています。


初期はまばたきが多く、目が開けにくい、まぶしい――という症状があります。その後下まぶたがピクピクと痙攣し、上まぶたに移行します。次第に痙攣の回数が増え、日常生活や仕事に大きな支障をきたします。さらに進行すると突然両目が開けられなくなり、しばらくの間全く見えなくなってしまいます。まぶしい場所や疲労、ストレスで悪化しやすくなります。


原因がわかっていないため、根治的な治療法はありません。対症療法として、神経の興奮を鎮めるような内服薬を使ったり、顔面神経ブロックや手術による治療が行われますが、確実な治療法には至っていません。近年、ボツリヌス毒素による注射が多く試みられています。



食中毒を起こすことで知られるボツリヌス毒素は、神経から筋肉への伝達を阻害する働きがあり、筋肉を弛緩させる作用があります。まぶたを開閉する筋肉に数カ所ほど極少量だけ注射することによって、全身に悪影響を及ぼすことなく痙攣しないようにします。治療効果は1週間後から出てきて、約3〜4カ月で消失していきます。ですから、効果がなくなったら、再注射をする必要があります。




 副作用も少なく安全性の高い治療で、約8割以上の患者さんに有効とされています。その他、片側顔面痙攣や痙性斜頚(けいせいしゃけい)といった病気に対しても保険適応となっています。ただし、特定の講習を受け、資格を認定された医師のみにしか施行できません。

コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://taku84098409.blog97.fc2.com/tb.php/6-fbc62102
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
GOOGLE検索
よければここでも検索できます
Google
占いブログパーツ
プロフィール

ピクピク

Author:ピクピク

また来てね♪




応援ポチッっと
お願いします。


にほんブログ村 健康ブログへ



天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
リンク
RSSフィード
フリーエリア
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。